「改正風営法」

改正風俗営業法が2015年6月17日参院本会議で可決、成立し、「改正風営法」が2016年6月に施行されました。
これにより日本は、2020年の東京オリンピック開催にむけて外国人観光客の呼び込みを促すために「クラブ深夜営業」への道を開くことになりました。

1948年施行以来のダンス営業を厳しく規制してきた風営法は、劇的な変化を遂げます。

FANCY TOKYOの使命

欧米ではクラブはナイトライフにおいて、最も重要な社交場として位置しております。深夜のクラブ利用だけに留まらず、既に日中よりの法人様、個人様の貸切パーティー、イベント会場としての需要が高まっております。またビジネスパートナーとしての協力も多くなってきております。それらに応えるべく、弊社 FANCY TOKYOでは、クラブならではの施設、演出、プランニングのご提案をさせて頂いております。今後、良い関係を築き、互いの発展を目指し、また「クラブ」という場所を知っていただく為に、まずは忘年会・新年会・懇親会・歓送迎会・キックオフ会・インセンティブパーティー・イベント会場などの貸切パーティー会場としてのご利用をお薦めしております。

私共のナイトクラブ顧客層とマーケットリサーチ

私共のクラブ店舗では、F1・M1層のなかでも、特に流行への反応が鋭い層での集客が月間50,000人を超え、さらにF1・F2層において一晩の平均単価40,000円を上回る富裕層が述べ月間5,000人の顧客を擁しております。
このような環境は、多くの企業様において必ずやお役に立ち、新商品の開発・MR・PRイベントや新規顧客の開拓、また施設としての利用など幅広くお付き合いが出来るものと考えます。
現在も多くの企業様に新作発表会・新商品のMRなどでご利用いただき、いわゆる「購入層の生の声」をお届けしております。

私共のナイトクラブの優位性

ラスベガスや上海・マカオ・シンガポール等では、クラブは高級ホテルの最上階に設置されます。 そこは夜景とシャンパンと最新のヒットチューンを楽しむセレブ達の社交場です。 リラックス出来るソファシートとテーブルがあり、毎夜、有名DJやアーティストが来場し、エンターテイメントを 提供しています。

more V2TOKYO

more ELE TOKYO

 
ご案内する店舗は、海外の有名クラブとの提携と独自のコネクションにより有名DJ・アーティストを招聘し極上のコンテンツを提供している「日本で唯一セレブを対象としたクラブラウンジ」です。 ラグジュアリーな内装の最大収容500~700名の大規模施設、最新鋭の音響・映像・照明設備を備え、「非日常空間」を演出しております。 パーティー・イベント施設として、この様な空間・施設は類が無く、施設を借り、機材を持ち込む手間を省くことが可能です。
 
また重要となるお料理に関しましても、大規模厨房施設を完備し、ホテル、ミシュラン★付レストランで腕を振るった料理人を擁し、必ずご満足いただける内容でご用意しております。
 

201410_パンフ-chef
結果、多くのお客様から、「開催してよかった」「次回もお願いする」等、嬉しいお言葉を頂いております。

 

六本木だからこそ

そして日本の中心・東京の中心「六本木」という立地を活かし、世界中から訪れていただけるラグジュアリークラブラウンジとして、日々研鑽することにより経験値を積み重ねております。 この経験を活かし皆様の大切なゲストをおもてなしさせていただきます。

 

 

ここでプライベートパーティーを開催していただくことは、

予想を超えた“価値ある経験”を味わっていただくことができます。